【アスレチック】高難易度|親も一緒に楽しめるユニトピアささやま

スポンサーリンク
お出かけ

ユニトピアささやまは、宿泊施設や、プール、キャンプ場、アスレチック、釣り堀やパターゴルフなどが楽しめるリゾートです。1973年に松下電器産業労働組合によって建設された施設です。今回はフィールドアスレチックの中の、高難易度「篠山城探訪コース」の全19ステージについて、体験談を書いていきます。わが家は大人2人、子供3人(6歳、4歳、0歳)で行きましたが、大人も一緒になって、1日楽しむことができましたよ。

ユニトピアささやまのアスレチックの概要は、【アスレチック】親子で楽しめる|ユニトピアささやまを、近場のアスレチックをお探しの方は、【三田アスレチック】まだ遊べる?残ったアスレチックを徹底解剖をご覧ください。

高難度アスレチック:「篠山城探訪コース」

スタッフの方によると、篠山城探訪コースが、高難易度のコースとのことでした。実際に難しいコースも多々ありました。このコースでは、家族5人でチャレンジしました。私は、次男を抱っこ紐で抱っこした状態だったので、補助しながら、横を付いていってただけですけどね。

このコースは、途中休憩ポイントもありますが、一度入山すると、お手洗いがありません。「助太郎さん民話コース」のように、前後半で分かれていませんので、途中で抜けることは困難です。チャレンジする前に、必ずトイレに行ってから、挑戦しましょう。

アスレチック「城下町走り」

アスレチック「城下町走り」

フィールドアスレチックの入り口となります。6歳の上の子はひょいひょいと1人でクリアできました。4歳の下の子は手を持ちながら頑張ってクリアしました。

アスレチック「城下町走り」

更に進むと、一本橋があります。橋の高さが高いので、小さい子は気を付けてあげてください。

アスレチック「野を越え山越えて」

アスレチック「野を越え山越えて」

ネットを上るアスレチックです。このあたりは、まだ長女でもクリアできました。一人でしっかり登っていきます。

アスレチック「縄ばりつたい」

アスレチック「縄ばりつたい」

このあたりも、問題なく進めます。高難易度コースとのことですが、簡単なものは、助太郎さん民話コースと大差はありません。

アスレチック「縄ばりつたい」

娘も、妻が後ろで支えながらクリアです。

アスレチック「石垣ひっぱりあげ」

アスレチック「石垣ひっぱりあげ」

丸太のついた重いロープを、引っ張り上げます。長男は一人で持ち上げてましたが、長女には重かったようです。途中までひっぱりあげて力尽きてました。

アスレチック「高石垣のぼり」

アスレチック「高石垣のぼり」

かなり高さのある、アスレチックです。地面の傾斜も相まって、見下ろすと、すごい高さになります。

アスレチック「高石垣のぼり」のブランコ

下の子は上れませんでしたが、アスレチックの下にはブランコが設置されていたので、ブランコで遊んでいました。このブランコも、反対向くと怖いですよ。

アスレチック「大書院復元祈転」

アスレチック「大書院復元祈転」

ここは、ロープにぶら下がりながら進む、アスレチックですが、長男でも無理でした。ネットを渡って進みます。ネットは落下防止で設置してあるので、網目が少し荒いです。ネットを進む場合は下に落ちないようにご注意ください。

アスレチック「大書院復元祈転」ぶら下がり

一度だけ、長男もぶら下がってみました。このまま進むのは難しそうですね。

アスレチック「ちょっとひと休み」

アスレチック「ちょっとひと休み」

アスレチックと呼んでいいのかわかりませんが、休憩所です。ここまでかなりの傾斜を上ってきますので、ありがたい場所でした。

アスレチック「ちょっとひと休み」からの景色

ここがアスレチックの頂上になります。ホテルが見えていましたよ。
ここからは下りのアスレチックになります。

アスレチック「桝型とびおり」

アスレチック「桝型とびおり」

ここも、ネットを伝っていきます。今度は下りになりますので、下の子は少し怖そうでしたが、なんとかクリアできました。

アスレチック「桝型とびおり」

下から見るとこんな感じです。階段状になっていますが、ゆっくりと進めば、小さい子でもクリアできます。

アスレチック「石垣前転」

アスレチック「石垣前転」

ここは、入口はいいのですが、最後のハシゴが少し高さがあり、下の子は断念しました。通常であれば行けそうですが、このあたりで、長女は少し疲れてきたようです。

アスレチック「屈曲道歩き」

アスレチック「屈曲道歩き」

下りの一本橋です。傾斜もあるので、下の子はパスしました。上の子も少し怖かったようで、座りながら進んでいました。

アスレチック「屈曲道歩き」

こんな感じで進んでいきます。

アスレチック「妻入商家屋根づたい」

アスレチック「妻入商家屋根づたい」

丸太の上を座った状態で進んでいきます。子供達には高さが高かったようで、長女は上の丸太ではなく、サイドの丸太にまたがって、進んでいました。

アスレチック「妻入商家屋根づたい」

長男は、普通に歩いていました。小さいと足が届かないので、少し怖いようです。

アスレチック「大井戸くぐり」

アスレチック「大井戸くぐり」

ここは、地下に降りて、洞窟をくぐるアスレチックですが、現在は修復中とのことで、遊べませんでした。上からのぞいた限り、小さめの土管が通っていました。大柄な男性だと辛いと思います。

アスレチック「篠山すべり」

アスレチック「篠山すべり」

ちょこちょこ出てくる、ターザンロープです。ここも高さと距離があり、下の子はパスしました。長男だけ楽しんだようです。

アスレチック「馬だし乗馬すべり」

アスレチック「馬だし乗馬すべり」

下の子は、ターザンロープより、こちらのお馬さんが気になったようです。まっさきに乗り込んでいました。

アスレチック「馬だし乗馬すべり」

ターザンロープの騎乗バージョンですね。安定感があり楽しそうでした。
このアスレチックは、妻が一番楽しそうに乗っていました。ただ、体重があるほどにスピードが出ますので、大人が乗るとかなり速度が出ていました。

アスレチック「城壁くだり」

アスレチック「城壁くだり」

ネットを伝って、壁を下りるアスレチックです。かなり高さがあります。下の娘は、私と横の階段でパスしました。

アスレチック「城壁くだり」

正面から見ると、こんな感じです。高低差もあるので、もしもの場合に備えて、下にはマットが置いてありました。

アスレチック「城壁くだり」

横からだと傾斜がきついのが伝わるかと思います。
ここで、ようやく山から下りてきたので、アスレチックから抜け出すことができます。リタイアするなら、⑯、⑰番あたりまで、抜けることができませんのでご注意ください。

アスレチック「外濠わたり」

アスレチック「外濠わたり」

今度は外堀を船で渡ります。、船の中央にロープがあり、それを引っ張ると進む仕組みです。このアスレチックには、ところどころに携帯電話を落とさないよう注意書きがあります。過去に落とされた方が多数いらっしゃるのでしょうか。自己責任になりますのでご注意くださいね。

アスレチック「外濠わたり」

体重制限が110Kgまでとのことだったので、体重の軽い3人で渡ります。

アスレチック「犬走りとびうつり」

アスレチック「犬走りとびうつり」

船で渡った後は、連結されたイカダの上を渡ります。長男は難なくクリアしていましたが、長女はイカダとイカダの間を飛び越えるのが怖く、断念しました。
妻と、下の娘はここでリタイアしました。長男と抱っこされた次男と3人で、残り⑱、⑲番へ進みます。

アスレチック「城壁横づたい」

アスレチック「城壁横づたい」

こちらは、ロープを持ちながら、丸太の上を渡ります。ロープが垂れ下がっているだけなので、安定感がありません。長男を一部補助しながら、進みました。

アスレチック「城壁横づたい」

進めるところは、一人で進みます。谷側を向くと、傾斜がきついので山側を向いていました。

アスレチック「長屋門わたり」

アスレチック「長屋門わたり」

高難易度アスレチック最後のステージにして、おそらく最難関のアスレチックです。

アスレチック「長屋門わたり」

かなり高さのある、一本橋の丸太を下りながら進みます。長男は早々にあきらめて、アスレチックの途中から進んでいました。

アスレチック「長屋門わたり」

途中からはネットになるので、長男でも問題なく進めたようです。
これでクリアになります。

まとめ

アスレチック自体の難易度は、正直幼児には難しいものが多かったです。私の感覚だと、クリアできないのであれば、もう少し大きくなってからのほうが楽しめるかなと思っていたのですが、外で思いっきり動き回ること自体が楽しめているようでした。
クリア後は、何度でも同じコースを行けます。しかし、高難易度コースは、一度入ると、なかなか出られない為、この後は、「助太郎さん民話コース」に戻りました。
子供たちは十分に楽しんでいたので、来てよかったなと思える場所でした。ここまで読んでいただきありがとうございました。

関連記事:【アスレチック】親子で楽しめる|ユニトピアささやま
関連記事:【アスレチック】低難易度コース|親子で楽しめるユニトピアささやま
関連記事:【三田アスレチック】まだ遊べる?残ったアスレチックを徹底解剖

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村のランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

お出かけ
スポンサーリンク
さっきーをフォローする
さんだのまわり