無料で学べる学習センター!有馬富士公園内にある「キッピー山のラボ」

スポンサーリンク
お出かけ

県立有馬富士公園にある三田市有馬富士自然学習センター(通称:キッピー山のラボ)です。

有馬富士公園の自然のしくみ、自然と人間の関わり方を学習することで、「健全でこころ豊かな子どもたちの育成を図る」ことを目的として2001年4月に設立されました。

同じ三田市内にある「兵庫県立人と自然の博物館」と連携して、展示やワークショップを行っています。



関連記事:兵庫県内最大の都市公園!遊べる!学べる!体験できる!県立有馬富士公園。
関連記事:【有馬富士公園】遊びの王国|ふわふわドームのある公園で1日楽しめる!

有馬富士公園の利用料金と時間

有馬富士公園駐車場

有馬富士公園第1駐車場

有馬富士公園には第1駐車場から第3駐車場までありますが、キッピー山のラボには第1駐車場が一番近くなっております。

利用料金

無料

利用時間

9:00~17:00(夏休み期間は18:00まで)

有馬富士公園「キッピー山のラボ」

利用料金

無料

利用時間

9:00~17:00(夏休み期間の7月21日~8月26日は18:00まで)

休館日

毎週月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)
年末年始(12月28日~1月4日)

有馬富士公園キッピー山のラボの所在地

兵庫県三田市福島1091-2

有馬富士公園キッピー山のラボへのアクセス

JR新三田駅から神姫バス20番系統の路線バスに乗り、有馬富士公園前下車すぐ

JR新三田駅から徒歩約2km

中国自動車道神戸三田IC、舞鶴自動車道三田西ICから車で約15分

有馬富士公園「キッピー山のラボ」

ラボの入口

ラボの入り口横(屋外)です。なんだか魅力的なお尻が壁から突き出しています。
中はどうなっているのか楽しみではやく入りたくなりますね。

クワガタのつよし君

クワガタのきよし君

入り口を入ってすぐに大きなクワガタのつよし君がお出迎えしてくれます。どうやらお尻が壁に埋まっている様子。そうです、さっきのお尻はつよし君のお尻でした。


つよし君の横には踏み台もおいてあり、上に載って写真を撮ることもできますよ。あまりの大きさに下の子は最初は怖がって乗れませんでした。

土のトンネル

キッピー山のラボ展示

つよし君のいる場所から、次の場所までは滑り台が設置されています。壁一面に森の写真があり、イメージしやすい展示になっていますね。
このエリアは、土の中の生き物について展示されています。

土の中の生き物

壁にある引き出しをあけると、色々な展示があります。説明も書いてあるのでわかりやすいですね。

ここは土のトンネル。子供が楽しめるような工夫がたくさんされています。

トンネルの壁には虫が描かれています。地表の穴から空を除くこともできますよ。まるで土の中の生物になった気分を味わえます。

土のトンネル上空

トンネル内から空を見上げると・・・・
猪がこちらを覗いています。食べられそうな気分になりますね。

キッピー山のラボ・図書コーナー

図書コーナー

展示室には小さな図書館もあります。自然や生き物に関する本がたくさん置いてあります。自由に手に取って読むことができるので、小さなお子様でも楽しむことができます。

お兄ちゃんが読んでいるのは「腹ペコあおむし」ですね。家にもあるのに、ここで読まなくても・・・と思いながら見てました。

イベント

中は2階建てになっており、地下に降りていくような構造になっていますが、階段ではなくスロープがありますので、ベビーカーでも安心して中を見ることができます。

またイベントも盛りだくさん。気になるイベントがある場合は公式サイトをチェックしてみてくださいね、

イベント

この日は「おさんぽびんご」を開催していました。スタンプラリーのように、スタンプを探して、有馬富士公園内を散策します。
残念ながら、雨が降っていたので、参加はしませんでした。

水の中の生態

三田の川の生態

図書コーナーを抜けると、大きな水槽があります。ここでは、三田の川で見られる、水の生き物が展示されています。

三田の川の生き物

水槽を泳いでいる生き物の説明も書かれています。是非探してみてください。

つよし君の研究室

ジュニアスタッフによる展示

こちらは、キッピー山のラボジュニアスタッフによる研究などが、展示されています。
ジュニアスタッフとは小学校4~6年生限定で募集されています。生き物調査や展示物の製作、ワークショップなどの仕事を、キッピー山のラボの一員として、実際に体験することができます。

詳細は公式サイトをどうぞ

足跡のスポンジスタンプ

休憩スペースとスタンプ

地下にはスポンジタイプのスタンプと、休憩スペースがあります。

スタンプを押してみて、どの動物がどんな足跡なのか勉強してみましょう。

ラボ内足跡

ラボの中にはところどころに足跡シールが貼ってあります。野山の動物の足跡クイズになっていますので、ぜひ探してみてください。

有馬富士公園「遊びの王国」

遊びの王国は有馬富士公園内にある、三田の民話がモデルとなった大きな遊具のあるエリアです。

「遊びの王国」のシンボルともなっている鬼が富士。

長い間コロナや老朽化で閉鎖されていましたが、令和4年3月1日よりようやくリニューアルオープンしました。遊具もきれいになって帰ってきました。

有馬富士公園に訪れた際は是非、遊んで帰ってくださいね!

詳しくは下記の記事をご覧ください。



まとめ

施設内にはトイレや授乳室も設置されており、小さなお子様がいらっしゃる家族でも安心して回ることができます。

自然に触れるだけではなく、有馬富士に存在する生態についても学ぶことができる貴重な場所です。

コロナの感染予防の観点から施設内での飲食は禁止となっている場合があります。

お昼ご飯を食べる場合は、施設から外にでて公園内にて食べるようにしてください。

遊びのついでに一緒に学べる「キッピーラボ」。

有馬富士公園に訪れた際にはぜひお立ち寄りください。

自然に触れるなら是非有馬富士登山へ!

キッピー山のラボで、有馬富士公園の自然を勉強したあとは、是非有馬富士に登ってみてください。

ルートを選べば幼稚園児でも登りきることができる低い山です。

子どもと自然に触れ合いながら、登ってみるのも楽しいですよ!



関連記事:兵庫県内最大の都市公園!遊べる!学べる!体験できる!県立有馬富士公園。
関連記事:【有馬富士公園】遊びの王国|ふわふわドームのある公園で1日楽しめる!
関連記事:コスパ最強!たっぷり遊べる学べる!兵庫県立人と自然の博物館。