雨の日でも大丈夫!プラネタリウム がある福知山市 児童科学館。

スポンサーリンク
お出かけ

三田から下道で約1時間半。福知山の三段池公園にある福知山市児童科学館に行ってきました。室内なので 雨 が降っていても楽しめます。 児童科学館 自体は2階建てになっており、6歳の長男と4歳の長女は楽しそうにはしゃいでいました。子供 が楽しみながら学べる科学館です。

利用料金

大人330円
4歳~中学生160円
団体(30人以上)1割引き
障がい者の方(成人)160円
      (4歳~中学生)80円
本人及びその介護者1名まで。手帳等をお見せください。

開園時間

9:00~17:00(ただし入園は16:30分まで)

休園日

毎週水曜日(祝日の場合翌木曜日)

12月28日~1月1日

駐車場

無料。
第一駐車場に止めてしまうと児童科学館まで少し距離があります。小さいお子様をお連れの方はご注意ください。児童科学館に行かれる場合は第2・第3駐車場が近いのでお勧めします。

プラネタリウム

投影回平日土日祝日
第1回予約団体のみ11:00~
第2回13:30~13:30~
第3回15:30~14:30~
第4回———15:30~
投影時間25~45分。1回につき、定員80名まで。

児童科学館

福知山市動物園に行ってから、児童科学館まで歩いてきました。動物園からは10分程歩く位の距離です。

関連記事:動物たちとの距離が近い!ふれあえる!福知山市動物園。

入口

児童科学館へは動物園に行った後に訪れたので13時前に到着しました。大人2人、子供3人(一人0歳児のため無料)で980円でした。中に入ると科学館っぽく、ロケットの模型や、大きなギミックが見えます。子供たちは真っ先にタブレットへ向かいました。今時ですね。入口近くの机にipadが2台用意されており、色々なアプリが入っていました。入っているのは特別なアプリではなく将棋や、しまじろうのアプリなどです。他には、宇宙ステーションとロケットのドッキングシュミレーションがあります。宇宙飛行士になった気分で楽しんでみてください。

アスレチック


入口は2階になっており、一番奥には大きな遊具がそびえたっていました。子供たちはアスレチックをグングン降りていきます。大人は隣にある螺旋階段で追従していきました。科学館らしく、歯車のデザインがありますね!

実はこの歯車、ただのデザインではなく大きなギミックの1つだったのです。1階にある自転車のペダルをこぐとこの大きな歯車が回り始めます。このアスレチック全体が大きなギミックとなっており、ところどころにこの自転車のようなスイッチがあります。それを動かすと色々なことが起こります。装置一つ一つが子供でも動かせるので、実際にどのようなことが起きるのか体験しながら遊ぶことができます。ぜひ科学館でお試しください。

2階の展示室

2階の展示スペースには3D眼鏡をかけての立体写真や、トリックアートの不思議部屋など、目の錯覚を楽しむ場所もありました。この展示室の隣には簡易ながら乳児用のスペース(おむつ交換や授乳)があります。

しかし、部屋になっているわけではなく、区切られているだけなので乳児がいる場合は授乳ケープなどがあったほうが安心かもしれませんね。

科学の広場

科学の広場は1階にあります、入口正面の階段を下りてもいけますし、アスレチック側からでも行けます。ベビーカーをご使用の方は正面階段の脇にエレベーターがありますので、そちらをご使用ください。

長女が一番楽しそうにしていたのがこれ。湾曲した鏡です。「おさるのジョージ」ご存じですか?子供が大好きなあのアニメです。それに出てくる鏡と同じですね。このアニメが大好きな長女は自分の体がドラえもんになったと大はしゃぎでした。

プラネタリウム

私たちは日曜日にいったので、プラネタリウムも2回見ることができました。平日ですと、上映時間が2時間も空いてしまいますが、土日祝日は午後は1時間間隔で上映されています。私自身プラネタリウムで動画を上映しているのを見るのが初めてだったのですが、星や、宇宙人について、ブラックホールについてなど、アニメーションで面白おかしく勉強することができました。たまたま午前に動物園を訪れ、午後に科学館に来ましたが、午後の上映会数を考えるとちょうどよかったです。

アニメのシーンがツボだったのか、大笑いしている子供もいましたよ。私は動画をみて少し酔ってしまったので、2回目は妻と交代して、次男の面倒を見ていましたが、子供たちは平気そうでした。なぜこんな風になるの?と色々疑問を持って学んでくれると楽しいですね!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村のランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

お出かけ
スポンサーリンク
さっきーをフォローする
さんだのまわり