【初心者必見】CAPTAIN STAGのキャンプグッズって使える?品質に問題は?

スポンサーリンク
キャンプ

コーナンなどの有名なホームセンターなどで、よく見かけるCAPTAIN STAG。イオンのキャンプコーナーや、少し大型のスーパーなどでも見かけますね。とても身近なメーカーで、低価格な商品が多く、手が出しやすいのが特徴です。では、実際のところ、品質や使い勝手はどうなのでしょうか?

結論から言うと、痒い所に手が届くアイテムがたくさん。安心して使うことができます。長く愛用するもよし、好きなブランドを購入するまでのつなぎに使うもよし。いろいろな使い方が可能ですね。私が、過去に購入し、今現在も使用しているアイテムをご紹介します。

CAPTAIN STAGの歴史

CAPTAIN STAGは、「頂点を目指そうとするあまり、保守的な発想へ傾きかけたり、造作にこだわりすぎて価格的に手が届かなくなってしまっては、存在する意味がない」という考えのもと、使いやすさ、購入しやすさを第一に考えているようです。新潟の燕三条発の、れっきとした、日本のメーカーです。値段を抑えてキャンプを始めたいのであれば、必ずと言っていい程、お世話になるメーカーかなと思います。

公式サイトはこちら

1976年、家庭用品を扱うパール金属株式会社のアウトドア部門として、ジャンボバーベキューコンロA型を発売しました。その後、牡鹿(STAG)のリーダーというイメージに、『大自然の中で頼りになる存在』となりたいという思いが込められた、「CAPTAIN STAG」という名前で、アウトドア総合ブランドを設立。そして、2012年には『キャプテンスタッグ株式会社』が設立されました。

ギアの選び方

ギアを購入する際、大別すると2タイプの方がいらっしゃるかと思います。1つは、吟味して、本当に欲しいものを購入する方。もう1つは、とりあえず使ってみて、使い勝手が良かったら、自分の気に入ったメーカーで購入しなおす方。私はどちらかというと後者になります。

実際に、どのメーカーが良いか、なんてわかりません。それに、使ってみないと使用感がわかりません。何より、キャンプで実際に試したい!という気持ちが強いです。それに、近年はアウトドアブームです。もし使わなくなっても、中古で売ることもできますし、友人にあげても喜ばれます。

テントの選び方

初心者の方は、キャンプ用品を最初に購入する際は、可能な範囲で、テントに一番お金をかけるべきだと思います。お気に入りのテントを購入することで、キャンプに対するモチベーションもあがります。それに、低品質のテントを購入してしまうと、強風や、雨で悲惨なことになる可能性もあります。キャンプの中心となるテント。いいキャンプは、良い睡眠をとれてこそだと思っています。安心安全に寝られるよう、良いメーカーで、好きなテントを購入することをお勧めします。

小物の選び方

こだわりのギア、こだわりのメーカーでそろえるのもキャンプの醍醐味です。しかし、初心者の方はアウトドアを続けるかわかりません。まず高い商品を購入するよりも、質の良いものを安くそろえ、キャンプの楽しさを味わってもらいたいです。キャンプでは、意外と多くの小物が必要になります。

小物のデザイン性や、使い勝手などを考えると、結構金額がかさみます。どうしても、購入したいギアと、どうしても必要なギアは違います。一目ぼれして、どうしても購入したいものは、それを買いましょう。どうしても必要なものは、少し値段を下げて、使い勝手の良いものを揃えることをお勧めします。

買ってよかったCAPTAIN STAGのギア

CAPTAIN STAGの商品は、低価格です。しかし、今のところ問題なく使用できています。質が悪いなんて思ったことは一度もありません。そんなCAPTAIN STAGのギアで、使う頻度毎に、買ってよかったものをご紹介します。

必ず使う、小型ガスバーナー

まず、ご紹介したいのが、小型ガスバーナーです。キャンプでなくても、ハイキングや、山登り。火気の使用が認められているところであれば、とても便利に活用できます。焚火をしている間は、特に使用することはありません。しかし、朝食時や、お酒のおつまみを作るとき、ご飯を炊いたり、コーヒーを飲むときなどに、とても重宝します。

この商品は購入してから5年以上たちますが、いまだに現役です。元々、冬の星景写真を撮る際、暖かいコーヒーを飲みたいが為に購入したものです。OD缶を使用しているので、寒い時期でもしっかりと火をつけることができます。最大火力も2700Kcalありますので、お湯を沸かすにも十分な火力があります。また、点火装置もありますので、ライターなしで着火できますし、火力の調整もダイヤル式なので微調整可能です。


キャプテンスタッグのOD缶は、ホームセンターや、ショッピングモールなど、割と幅広い店で取り扱いがあります。その為、継続して購入する際にも、商品がなくて困るという事もありません。

キャプテンスタッグ小型ガスバーナー

専用のケースがついており、コンパクトに収納することができます。
ゴトクも4本なので、安定性が高いです。

キャプテンスタッグ小型ガスバーナーケース

手のひらサイズでとても軽量・コンパクト。どこにでも持っていけるサイズなので、必要なくても必ず持っていきます。

小型ガスバーナーの欠点

実際に使ってて、必要だなと思うのが、ウインドスクリーンです。キャンプ場だと、風が強い日もあります。ある程度は問題なく使用できるのですが、たまに突風で火が消えることがあります。コーヒーのお湯を沸かす程度であれば問題ありません。しかし、飯盒でご飯を炊いているときなどは、消えると困ります。その為、風が強い日は、ウインドスクリーンを使用しています。

バーナーを更に快適に|グリルスタンドテーブル

キャプテンスタッググリルスタンドテーブル

小型バーナーを使って、炊飯するときや、ホットサンドメーカーで料理するときは、こちらのグリルスタンドテーブルを用いることがあります。小型ガスバーナーは一体型なので、大きなものを乗せると、どうしても背丈が高くなり、安定感がなくなります。

キャプテンスタッググリルスタンドテーブル

高さも、コンロに合わせて作られていますので、サイズがぴったりです。
防風もついていますので、ウインドスクリーンの代わりにもなりますね。

キャプテンスタッググリルスタンドテーブル折り畳み

防風部分を畳めば、しっかりと机として機能しますし、完全に畳めば、持ち運び時にも嵩張りません。

グリルスタンドテーブルの欠点

大きな欠点ではありませんが、OD缶のサイズには2つあり、倍容量のOD缶(CS-500)を使用した場合、グリルスタンドテーブルの下に入りません。倍容量の物のほうが、値段も割安なのですが、高さが高くなる為、使用できません。
ただ、一体型の場合、倍容量のOD缶を使用すると、高さが高いので、安定感がなく、少し危険です。その為、私も途中から通常サイズしか使わなくなりましたので、特に問題はありません。

寒い時期は必須!ダッチオーブン

キャプテンスタッグダッチオーブン
CAPTAINSTAGのダッチオーブン。Logosの焚火台を使用しています。

秋ごろから、夜は肌寒くなってくる季節です。そんな時、焚火に当たりながら使用するのがダッチオーブン。なにもキャンプはBBQだけではありません。夜は煮込み料理にするのもよし、お鍋を食べるもよしです。わが家では、冬キャンプの晩御飯は、ほとんどお鍋です。寒い時期に、お鍋で暖まりながら、冷たいビールをガッツリ飲みます。更に、締めのラーメンが格別ですよ!

秋は焼き芋なんかもいいですね。ダッチオーブンに炭を乗せて、ホカホカの焼き芋を作ります。子供たちが大喜びしてくれます。

ダッチオーブンの良いところは、暖める際に、焚火でも、ガスコンロでも、石油ストーブでも使えるところです。焚火で料理をしてもよし。巣籠スタイルで、テント内でガスコンロで使用してもよし。石油ストーブの上に置いて、暖めるもよしです。(テント内の下記の使用は推奨されていません。安全を確保し、自己責任でお願いします。)

キャプテンスタッグダッチオーブンでおでん

わが家では冬は、ガスコンロを使用することが多いです。たまにおでんを前日に作っていく時があります。その時は石油ストーブの上に置いておきますね。勝手に温めてくれるので楽ですよ。

ダッチオーブンの欠点

ダッチオーブン自体がとても重いです。その為、片付けの際、洗うのが大変です。また鉄製の鍋ですので、錆防止にお手入れする必要があります。私の場合は、洗った後、乾かして、食用油を塗っておくだけですけどね。

キャンプの朝の定番!ホットサンドメーカー

キャプテンスタッグホットサンドメーカー

キャンプの朝、わが家の定番は、肉まんかホットサンドです。チェックアウトの時間にもよりますが、早い時間だと、朝は焚火を行いません。そんなとき、小型ガスバーナーとホットサンドメーカーで手軽に朝食を作ることができます。

このホットサンドメーカーのいいところは、上下で取り外しができるところです。挟むだけでなく、蝶番のところで、取り外しができますので、小さなフライパンとして使用することができます。ウインナーを焼いたり、卵を焼いたり、ちょっとした料理につかうことができるので、朝食時にはもってこいです。

ホットサンドメーカーの欠点

何より、安定性が悪いです。フライパン側に重みがないので、コンロにかけるときに傾きます。その為、コンロサポーターなどを用いたほうが、安全に調理ができます。わが家では、グリルスタンドテーブルを用いるか、小型ガスバーナーではなく、カセットコンロで調理する際に使用します。
あとは、キャプテンスタッグだからというわけではないんですが、調理中は中が見えませんので、たまに焦げます。特に連続使用していると、少しずつ加熱時間を短くしていかないと、気が付けば焦げています。火力の調整が必要なので、慣れるまで数回焦げたパンや肉まんを食べることになりました。

見た目も良くてコンパクト|カッティングボード

このカッティングボードを買ってから、洗い物の数が減りました。私の場合、余計なお皿をつかわずに、ほとんどこの上で完結します。洗い物の数が減るというのは、とても大きなメリットです。

キャプテンスタッグカッティングボード

このカッティングボードは竹で作られており、とても軽くて丈夫です。B5サイズなので、コンパクトで嵩張らないのもいいですね。

キャプテンスタッグカッティングボード

肉を焼いているときは、子供たち用に取り皿として使うこともあれば、大皿のように、真ん中に置いて、肉を切り分けることもできます。
また、熱々のダッチオーブンや、スキレットを置くのに、鍋敷きとして使うこともできますよ。

カッティングボードの欠点

やはり、まな板として使用する場合、竹製ですので、傷がつきます。どうしても傷に汚れが入り、不衛生に見えますね。しっかり洗ってはいますが、傷が目立ちます。見た目が気になる方は、少し使いにくいかもしれません。

あって困らないCAPTAIN STAGのギア

ちょっとした料理、お湯を沸かすのに使うケットルクッカー

キャプテンスタッグケトルクッカー

このケトルクッカーは持ち手を、付け替えることができるので、コンパクトに収納できます。ただ、ねじ式なので、すこし手間です。

わが家では、主にコーヒーを飲むときにお湯を沸かすために使います。他にも、デイキャンプの時に、余ったご飯を雑炊にしたり、インスタントラーメンを食べるときに、鍋として使用しています。

そこまで嵩張るものではないので、あって困ることはありませんが、なくても、他のもので代用できるので困りません。使用頻度は高めですが、キャンプに持っていくものを減らしたいときは、家に置いていく感じです。

おつまみを作るのに最適|スキレット

キャプテンスタッグスキレット

キャンプ場到着直後。まずは設営前にビールで乾杯!
そんな時に、スキレットと小型ガスバーナーがあれば、すぐにおつまみが作れます。

実はこのスキレット、私は夏場以外はほとんど使いません。なぜなら、夏以外は焚火を行っているので、炭火で焼くことが多いです。となると、わざわざスキレットを使うこともありません。アヒージョや、コーンバター、ほうれん草とハムのバター炒めなど、居酒屋メニュー的なものを作る場合には重宝します。ただ、子供たちが欲しがるものの場合、量が足りませんし、一人で食べるには、量が多いです。

個人的には16センチのものではなく、20センチの少し大きめのスキレットをフライパン代わりに買えばよかったかなと思っています。

まとめ

キャプテンスタッグは一番身近な、キャンプ用品ブランドと言っても過言ではありません。幅広い商品を取り扱っており、手に入れやすさでは、群を抜いていると思います。見た目や、ブランドへのこだわりもあるかと思います。ただ、ちょっとした小物でも、有名ブランドで買えばとても高い値段の物が多くあります。

個人的に使っていて、不便を感じることはありません。すぐ壊れるとか、安かろう悪かろうだとか、そういう感じもありませんので、安心してキャンプに持っていけるかと思います。

お金に余裕のあるかたは、ブランドを統一するのも良いですが、なかなかそうはいきませんよね。こだわるところはこだわりながら、安くて良いものも混ぜていくと、予算が抑えられますよ。ここまで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村のランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク
キャンプキャンプ用品
スポンサーリンク
さっきーをフォローする
さんだのまわり