【寒い冬キャンプ】石油ストーブを使って暖かく快適な冬キャンプを楽しもう!

スポンサーリンク
冬キャンプ中のテント内の石油ストーブ キャンプ

静かで、空気が澄んでいて、虫も少ない冬キャンプ。そんな冬キャンプにおける最大の敵は、「寒さ」です。

ですから、寒ささえ取り除ければ、とても快適で楽しいキャンプを楽しむことができます。この記事では、寒さ対策として、石油ストーブを導入したわが家の状況を踏まえて、紹介していきます。

この記事は以下のような人におすすめです!

・キャンプで石油ストーブを使いたい。
・どんな石油ストーブが良いかわからない。
・換気はどうするの?危なくない?とお悩みの方。

冬キャンプには石油ストーブが良い?

まず、石油ストーブにはいろいろな火力の物がありますので、テントのサイズにあったものを選ぶことができます。

レトロな見た目のものもあるので、リビング作りを楽しむこともできます。

次に、薪ストーブほどではありませんが、しっかりとテント内を暖めることができます。

石油ストーブの良い所

・雰囲気がレトロで楽しめる。

・なにより暖かい冬キャンプを楽しめる!

薪ストーブのほうが暖かいなら、薪ストーブのほうがいいんじゃないの?という方もおられると思います。

もちろん、薪ストーブはとても温度が上がり、テント内では半袖で過ごすことも可能ですから、暖房性能に目を向けるなら、とても良い選択だと思います。

しかし、煙突部分がテントに接触するため、しっかりと対策を行わなければ、事故につながりやすいのも薪ストーブです。

また、煙突が風によりあおられる可能性もありますよね。しっかりと固定しておけば問題ありませんが、それができるか不安です。

薪ストーブはハードルが高い、それでも寒いのは嫌だ!しっかり暖まりたいという方には、石油ストーブはとてもお勧めです。

石油ストーブの種類

まず、石油ストーブには反射型のものと、対流型のものがあります。

よく大型量販店などで見かけるストーブが、反射型。昔の駅や、炊き出しなどで外に置いてあるストーブが対流型です。キャンプに使うなら対流型がお勧め!

それぞれの特徴をまとめていきます。

反射型石油ストーブ

値段を抑えるなら対流型より反射型のほうが安いものが多く、経済的です。たとえば、家庭で使用しているものがあれば、それを持っていくのも良いですね。

反射型石油ストーブは、ストーブの前面が暖かくなります。そのため、テントの端に置くことができるので、テント内を広く使えます。

そして、反射型は前に座れば直接暖かい空気にあたることができるので、冷えた体には良いですね。

メリット

・すぐに暖まりたいときには便利。冷えた体をすぐに温めてくれます。
・安価なものが多いです。
・本体とタンクが分かれているので、給油が楽です。

デメリット

・ストーブの前方が暖かいので、家族全員で暖まるには工夫が必要です。
・本体とタンクが分かれているため、車での移動時に本体に残った灯油が漏れやすいです。

対流型石油ストーブ

対流型はタンクと本体が一体型のものが多く、車での持ち運び時に、灯油がもれにくい構造になっています。

対流型はストーブの上方向に熱があがっていきますので、扇風機などで上部にたまった、暖かい空気を動かしてあげるとテント内が暖まりやすいです。

テント内を暖めてくれるので、大きいテントや、大人数でも暖まることができます。

メリット

・テント全体が暖まります。
・反射型に比べて、レトロでオシャレなデザインがあります。
・本体とタンクが一体型なので、灯油が漏れにくい構造になっています。

デメリット

・反射型に比べると、暖まるのに時間がかかります。
・本体とタンクが一体型なので、給油する際に本体を動かすか、灯油タンクを動かす必要があります。
・反射型に比べると、高価なものが多いです。

わが家のスペック

テント

私の使用しているテントは、ロゴスのエアマジック・グランベーシックです。(詳細はこちらの記事をお読みください。)
いわゆる、2ルームテントで、サイズは幅300×奥行525×高さ200cmあります。江戸間で言うと、10畳位の大きさになります。

石油ストーブ

このテントに使用しているのが、トヨトミのストーブです。

カタログスペック的には、コンクリート作りの部屋で24畳まで。木造作りの部屋では17畳までの部屋であれば、しっかりと暖めることができます。

テントが10畳程度ですから、大きさで言えば、かなりオーバースペックに見えますよね。

しかし、実際にはテントは布一枚です。それに加え、一酸化炭素中毒にならないよう、常に換気を行っています。

隙間だらけの、薄い壁で作られた小屋で、窓を開けっぱなし」という状態をイメージしていただくと、10畳用のストーブでは物足りないということが、伝わるかと思います。

ストーブ自体が大きいので、持ち運びや収納を考えなければいけません。しかし、もし大きさが許容範囲であれば、ストーブは火力の高いものを使用されることをお勧めします

トヨトミのストーブ
重量(kg)約11kg
暖房出力6.66kW
着火単2×4本。(電池を使用せず、ライターで直接着火することも可能)
畳数コンクリート(集合):24畳まで
木造(戸建):17畳まで
タンク6.3L
PASECO パセコ CAMP-25

もう少しコンパクトで効果力なものをお探しの方は、PASECOのCAMP-25がおすすめです。

このストーブ、なんと折り畳み式です。といっても高さが少し下げられる程度ですが、車に積み込むときに少しでも小さくなるとありがたいですよね。火力はトヨトミのストーブとほぼ同じです。

タンクが1Lほどトヨトミのストーブと比べて大きくなっています。黒や、グリーンの色味がアウトドアグッズに合わせやすくてかっこいいですね!こちらは屋外専用の商品となっています。

重量(kg)約11.5kg
暖房出力6.4kW
着火単2×4本。(電池を使用せず、ライターで直接着火することも可能)
畳数コンクリート(集合):24畳まで
木造(戸建):17畳まで
タンク7L
CORONA SL-6622

トヨトミのストーブと対をなすストーブが、こちらのコロナのSL-6622。

大きさ、火力ともに、上記2アイテムとほぼ同じ性能です。タンクの形がトヨトミのストーブと比べて少し四角くなっており、かわいらしいデザインになっていますよ。

重量(kg)約11.2kg
暖房出力6.59kW
着火単1×2本。(電池を使用せず、ライターで直接着火することも可能)
畳数コンクリート(集合):24畳まで
木造(戸建):17畳まで
タンク7L

温度の調整
火力

私が、キャンプで石油ストーブを使っている際は、最大火力で使うことがほとんどです。火力が最大で暑くなるようであれば、服を脱ぐか、ストーブを消して換気を行います。

真冬のキャンプでは、火力を最大にしていても、暑すぎると感じることはあまりありません。暑がりな子供達は、たまに暑いと言いながら上着を脱いで調整しています。

キャンプスタイル

暖かい空気は上にあがります。その為、座敷スタイルですと、冷たい空気が下に溜まり、隙間風が少し寒く感じます。

このあたりは、荷物でテントの裾をある程度塞ぎ、扇風機や、ファンなどを用いて空気を循環させれば、解消されます。

換気は?危険性は?

換気の仕方

テント内にいる時

テント内にいる間は、完全に締め切らず、隙間をつくるようにしています。一酸化炭素は上からたまって行くので、上部のベンチレーションを開けていると安心ですね。

下から上へと空気の流れをつくってあげてください。

外に出る時

わが家の場合、子供たちが小さいので、よほどトイレまでの距離が近くない限り、トイレに行くときは全員で行きます。

そのたびに、ストーブを止めて換気しますので、戻ってきたときには、また寒い状態からのスタートになります。

換気する際は2,3か所ベンチレーションを開けるくらいです。風通しが良いので、すぐに換気されますよ。

危険性は?

テント内での火器の使用は推奨されていません。もちろん石油ストーブも含めてです。

冬キャンプでの事故で度々火災は発生しています。使用する場合自己責任となりますが、最低限、以下に書いたことは守ってください。

  1. ベンチレーションを開けておく。
  2.  30分~1時間ごとに換気を行う。
  3. ストーブの周りに物を置かない。
  4. 一酸化炭素チェッカーを使用する。
  5. 就寝時は絶対に使用しない。

まとめ

わが家で使用している石油ストーブは、トヨトミの対流型石油ストーブです。キャンプに持っていく石油ストーブとしては大型の部類に入ります。

しかし、大きい分、しっかりと火力があり、暖房性能は高いです。大きなテントを持っており、しっかりと暖房性能が欲しい方には大きめのストーブをお勧めします。

アウトドアで使用される場合、山奥であることが多いです。普段住んでいる場所より、気温が低いので、より対策が求められます。

小型で火力の小さいストーブを購入して、火力が足りなくて寒いなーと思うよりは、少しでも火力のあるストーブを確保することで、より冬のキャンプを楽しむことができますよ。

石油ストーブは、寝るときは消しますので、どうしても朝方寒くなる傾向にあります。夜中も快適に眠りたい場合は、電気毛布がお勧めです。電気毛布については【寒い冬キャンプ】電気毛布で寝床を快適に?キャンプで本当に使える?をご覧ください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村のランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク
キャンプキャンプ用品
スポンサーリンク
さっきーをフォローする
さんだのまわり