【三田市野外活動センター】近場で安心|川遊びが楽しめる!

スポンサーリンク
キャンプ

三田市野外活動センターは神戸三田ICから約30分の場所にある、川遊びのできるスポットです。

※注意
令和5年9月30日で閉鎖しましたが、令和6年7月1日より、再開しました。

現在は宿泊はなくなり、日帰りのみとなっております。

三田市野外活動センターのポイント


・利用料金は100円(市内の方)

・平坦なフリーサイト

・なにより近い!

三田市野外活動センターの利用料金と時間

三田市野外活動センターの駐車場

駐車料金

無料

利用時間
日帰り9:00~18:00
宿泊なし

三田市野外活動センターを利用するには

利用される場合、事前予約が必要です。予約のない方は使用不可となっています。

野外活動センターの予約について

施設利用の予約は三田市在住の方は利用する日の3ヶ月前の月の1日から可能です。
三田市以外の方は2ヶ月前の月の1日からとなっています。

電話又は、直接野外活動センターへお申し込みください。
TEL:079-569-0388  ※受付時間は9時~17時

電話申し込み後必要書類を記入して、野外活動センターに送ってください。

日帰り利用料金(川遊びを含む)

  市内 市外
 大人 100円 200円
 子ども 100円 200円

※3歳以上が子ども料金、大学生以上は大人料金となります。(2歳以下は無料)

キャンプ場(フリーサイト)

現在宿泊不可。

市内 市外
 大人 300円 600円
 子ども 150円 300円

バンガロー

現在利用不可

  市内 市外
 大人 800円 1,600円
 子ども 400円 800円

※3歳以上が子ども料金、大学生以上が大人料金となります。(2歳以下は無料)

※65歳以上の三田市内在住者の利用料金は400円。(証明書を提示してください)
※障がい者(及び介助者1名)の利用料金は無料。(身体障害者手帳または精神障害者保健福祉手帳、療育手帳を提示してください)

※リネン代1人300円が別途必要です

キャビン

現在利用不可

  市内 市外
 大人 400円 800円
 子ども 200円 400円

※3歳以上が子ども料金、大学生以上が大人料金。(2歳以下は無料)

※20名以上から利用可能です

 ※65歳以上の三田市内在住者の利用料金は200円です。 (証明書を提示してください)
 ※障がい者(及び介助者1名)の利用料金は無料。(身体障害者手帳または精神障害者保健福祉手帳、療育手帳を提示してください)

※ リネン代1人300円が別途必要です

三田市野外活動センターのテントサイト

テントサイトは管理棟から、羽束川に沿って南方向に広がっています。羽束川沿いには、シャワールームやトイレもあります。車の乗り入れはできませんが、管理棟でリアカーの貸し出しを行っており、荷物を運ぶことができます。好きな場所にテントを張ることができますので、移動が手間だと感じる方は、駐車場のすぐ近くにもスペースがあります。

野外活動センターでは現在宿泊利用ができません。日帰りのみとなりますが、川遊びにはとても良い場所となります。

水も綺麗なので是非遊びに出かけてみてください。

関連記事:【ぬくぬく冬キャンプ】寒い冬は、暖房器具で暖かく、楽しいキャンプに!
関連記事:【寒い冬キャンプ】電気毛布で寝床を快適に?キャンプで本当に使える?
関連記事:【寒い冬キャンプ】石油ストーブを使って暖かく快適な冬キャンプを楽しもう!

三田市野外活動センターの東屋

三田市野外活動センターでの冬キャンプ

写真右側に見えているのが、トイレ、シャワールームになります。テントのすぐ左には東屋もあります。テントのすぐ後ろが川になっていますが、あまごが放流されており、管理事務所が違います。そのため、川への立ち入りは禁止されています。

三田市野外活動センターのキャンプファイヤー場

キャンプサイト中央

テントサイトを進んでいくと大きな広場があり、中心にはキャンプファイヤー用のスペースもありました。写真右奥には垣根があり、その奥はプライベート空間のようになっています。奥でもテントを張ることができますので、ひっそりとキャンプを楽しみたい方には良いかもしれませんね。

三田市野外活動センターの内の小川

三田市野外活動センター内の小川

サイト内には小川もあります。この時期は冬だったので、水は流れていませんでした。この小川は4月1日から11月まで、水遊びができます。

三田市野外活動センターの炊飯棟

三田市野外活動センター炊飯棟

広場の東側には、炊飯棟がならんでいます。現在はコロナで貸し出し等が一部制限されていますので、詳細はお問い合わせください。
炊飯棟の前には机や椅子が設置されており、デイキャンプを楽しむ方も多くいらっしゃいました。

バンガロー

三田市野外活動センターバンガローのある森

テントサイトから東側の森に入ると、中にはバンガローが散在しています。

三田市野外活動センターバンガロー

奥に見えているのがバンガローです。なかなか急斜面にあります。散歩がてら散策するのも楽しいですよ。

三田市野外活動センターで川遊び

羽束川での川遊び

連絡先はこちら:079-569-0388

三田市野外活動センター前の橋

川の上流でも遊んでおられる方もいますが、駐車場がありません。路上駐車は迷惑となりますので、必ず、連絡するようにお願いします。

羽束川での川遊び

羽束川は兵庫県南東部を流れる武庫川の支流となっています。武庫川の支流としては最大の川です。水もきれいで、とても冷たいです。一部深いところもありますが、小さな子供でもしっかり見ていれば、さほど危険なところはありません。

三田市野外活動センターの内の小川

三田市野外活動センター内の小川

サイト内には小川もあります。この小川は4月1日から11月まで、水遊びができます。水深の深い場所がないので、小さい子の場合、こちらのほうが、安心して遊べますね。

水遊びできるキャンプ場をお探しの方は、三田アスレチックキャンプ場(【三田アスレチックキャンプ場】料金や営業時間は?近場でキャンプを楽しもう!)もお勧めです。こちらにはプールが併設されており、水遊びを楽しむことができますよ。

他にも川西には知明湖キャンプ場(【雨の春キャンプ】川西市知明湖キャンプ場ってどんなとこ?)があり、こちらのキャンプサイトにも川遊びができる、浅い川が流れています。

また少し、三田市からは少し離れてしまいますが、戸倉スキー場にある、Tokura Camp Base(【川遊び】キャンプ場|Tokura Camp Baseで夏キャンプを楽しもう!)では、キャンプ場内に川が流れており、川遊びを楽しむことができます。

まとめ

三田市野外活動センターは神戸三田ICから約30分の場所にある、天体観測やキャンプ、川遊びのできるスポットです。すぐ横に羽束川が流れており、夏には多くの家族が川遊びをしに訪れています。山の中にありますので、秋は紅葉がとてもきれいです。冬のテントサイトは通常クローズしているのですが、近年のアウトドアブームもあり、令和3年度以降は冬もテントサイトが開放されていました。このように近場で、年中楽しむことができるので、とてもありがたい場所でした。

令和5年9月30日で施設が閉所することになりましたが、令和6年7月1日より、日帰りのみ再開しております。

川遊びは可能なので是非遊びに訪れて見てください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

キャンプグッズ購入を悩まれている方

キャンプを始めたいけど、どんなアイテムを買っていいかわからないとお悩みの方に朗報です。キャンプのアイテムって実際に目で見て、使ってみないとわからないこともありますよね。

思ったより大きかったり、小さかったり・・・。高さが微妙で使いにくいなと思うことも多々あります。そんなときは手ぶらキャンプを楽しむ【hinataレンタル】をお勧めします!

【hinataレンタル】では、テントだけでなく、寝袋や、ランタン・タープ・調理道具・チェア・インフレーターマット・ポータブル電源やペグまでレンタルすることができます。数多くのアイテムがそろっており、購入を悩んでいる商品もあるかも!?

しかも、【hinataレンタル】の良い所は、キャンプ場に直接配達してくれるところ!全国のキャンプ場がほとんど網羅されており、行く日に合わせて直接配送してもらえます。しかも返却も、キャンプ場に預けるだけ!

もちろん、三田アスレチックキャンプ場もリストに入っていますので、ご安心ください。

自宅配送も選べますので、ご自身の都合のいいように調整できます。購入前に試しに使ってみるのもよいかもしれませんね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村のランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク
キャンプキャンプ場
スポンサーリンク
さっきーをフォローする
さんだのまわり